トップページ

 パソコン、スマートフォンなどITといわれる情報機器が、プライベートや仕事問わず当たり前のように使われる世の中となっています。しかも、小学校でもプログラミングという授業が行われるようになり、親御さんも知らないでは困ることも増えてきてます。

 市民パソコン学院では、パソコン操作のみならずプログラミング教育も含めてしっかりとした基礎技術を身に付けてもらえるようサポートしていきます。また、学校と家庭とを繋ぐ黒子とのようにお手伝いをしていきます。

Java言語講師育成
Javaプログラミング技術と教える立場の講師技術を育成します。
プログラミングは数学が大切
学校で教えているプログラミング教育の補助として活用出来ることを目指すことと、算数が苦手な子をプログラミングを通して興味を持てるようにすることを目指します。
パソコン活用講座
仕事上で困っていること、プライベートで作りたいことなど行います。
とりあえず相談室
仕事上の悩み、スキルアップの方法などご相談ください。

コラム(ここをクリックしてください。)

マインドフルネス・禅のすすめ

 1日3分、毎夜寝る前に瞑想をお奨めします。気を楽にして椅子でも床でもどちらでも良いので座り、目を閉じて「あるがままでいる」を3分間感じてください。

 

プログラミング脳

 プログラミング言語、開発ツールなど知らなくても問題ない。基礎は算数・数学にあり。今の学校の授業では算数・数学から培うのは難しい。なぜならば、公式の暗記、解の解き方などを丸暗記する方法を採っているからである。しかし、算数・数学の歴史を辿り、見方や考え方を変えればプログラミングに通じることがわかる。

 「何がしたいか」から始まって「どうすれば出来るか」を考えられる力がプログラミング脳となる。合わせて、算数・数学も出来るようになる。だから、言語やツールが何であろうと関係ない。あくまでも補助教材だから・・・